伝説のチャンポン

image4_3.JPG image3_5.JPG image2_6.JPG image1_7.JPG

どーです!この店構え!
恐怖心すら覚えるこのお店 実はチャンポン専門店なんだなぁ。
店内に入ると、そこはまさにパラレルワールド、注文の仕方も独特でカウンターに置いてある灰皿に千円札を挟むだけ、すると100円とチャンポン並が届くという、非常にシンプルなシステム!
メニューはチャンポン並と大のみ!
支払いのシステムとメニューのシンプルさを何故なのか大将に尋ねてみた。
「邪魔くさいから」
と、とてもシンプルな答え!
見た目のわりに気さくな大将としばしの雑談、話しながらも一杯のチャンポンを作り上げていくエビ、イカ、豚、キャベツ等具材を炒め、スープを投入、そして胡椒を投入!投入!投入!胡椒を投入!マジっすか?とにかく大量の胡椒を投入する大将!そして着丼!
いつものように、まずはスープから味わう…。
ゲホッ!ゲホッ!
気管に胡椒が入った!
が辛さの向こう側に微かに感じる出汁の旨味…。
辛さにも負けず、コップ3杯の水を要し遂に完食!もう全身汗だくになっている!
美味いの不味いのって、そんなのどーでもいいよ
そーいう価値観で成り立っているお店じゃねーよ!創業40年、コアな胡椒好き達に愛され続けるこのお店!堺の中環沿いにあるんだけど、普通じゃ見つからねーわ。
まぁ胡椒マニアは1度は行ってみるといいかもよ?iPhoneから送信

絶海の孤島 男女群島

image13.JPG image12.JPG image11.JPG image10.JPG image9.JPG image8.JPG image7.JPG image6.JPG image5.JPG image4_2.JPG image3_4.JPG image2_5.JPG image1_6.JPG

男女群島(だんじょぐんとう)は、五島列島の南西に位置する東シナ海に浮かぶ島嶼群である。長崎県五島市に属する

車で9時間、フェリーで3時間、漁船で3時間!絶海の孤島男女群島ジギングへ行ってまいりました!
今回の男女群島遠征は長崎県福江島でカジキの突きん棒漁を親子で営む川村船長にお世話になりました。幼い頃から親父さんの漁を手伝い、男女群島の隅々まで知り尽くしている川村船長!まだ若いが頼りになるキャプテンだ。
1日目 カンパチ、ヒラマサ、キハダマグロ、アカハタ等、ひと流し毎に誰かが掛ける!無限地獄!
フィッシング終了後、親父さんの船で食事を用意していただき、しかもお風呂まで!無人島とは思えない豪華な晩餐に舌鼓をうち、星を眺めながら就寝

絶品ラーメン!

image2_4.JPG image1_5.JPG

柏原市大和高田線沿いにある、ラーメン一仁!
前から気にはなっていたのだが、本日好機に恵まれついに来店する事が出来ました!
昼前に到着という事もあるが…客は僕1人…。
大丈夫かいなぁ?
との思いがこみ上げる。
店内はカウンター席のみに大将1人の小さなお店、店主にメニューの説明を求めると、丁寧に説明してくれ好感度◎
ラーメンにしては少々お高いが、たかがラーメンされどラーメンと自分に言い聞かせ、松坂牛ならぬ松坂豚を使用したチャーシュー麺を注文!
しばし、大将と雑談をしながら出来上がりをまつ、五分程してついに着丼!!
昔ながらのシンプル中華そばのようなビジュアル。大将の言う通りに先ずは香りを楽しむ。
水菜のフレッシュな香りが鼻腔を通り抜け、次に醤油の香ばしさにチャーシューの優しい甘い香りが食欲をそそる。
そして、スープを一口…。

美味い!

まったくといって角のない上品な醤油に無化調の地頭鶏からとったスープは際立った派手さは無いが、体に染み入るような優しい味わい。
そして麺をすする!
なんと言う麺なのか…超薄平打不揃い麺とでも言おうか、不規則な平打麺の表面は少し荒れており、優しいスープをその身にしっかりと纏い、口腔内で最高のハーモニーを奏でる!
そしてチャーシュー!
臭みをまったく感じさせないそのチャーシューは、自然な脂の甘みを感じさせ、優しいスープの味わいを損ねる事なく、しっかりとその存在を主張している!

なんて凄いラーメンなんだ…。

コレは凄い!

何がって麺 スープ 麺 スープと食べ進めていくが、全く飽きの来ないどころか、少しずつ変化していくその深い味わいにどんどんのめりこんでいってしまう!
最後のスープを飲み干して…

もう一杯食べたいと正直に思った…。

昨今のラーメンブームで奇抜なラーメンや豚骨、魚介を全面に押し出したラーメン等々ある中で、流行りに左右されない王道!
そして美味しくスープを飲み干して完食できるバランス!素晴らしい!

まさかこんな近くにこのようなラーメン店が存在していたとは!
食べログ等々の評価は決して高くはないが、是非皆にも味わっていただきたい逸品です。

大将のラーン談義は少々ウザいですが…。iPhoneから送信

ちょっと恥ずかしいなぁ

image1_4.JPG

生野区某所某公園。
なんだコレ!?ほぼ立ちション!iPhoneから送信

キュービクル組立工場

image4.JPG image3_3.JPG image2_3.JPG image1_3.JPG

本日の、弊社キュービクル組立工場。
熟練の職人達の手により、古いキュービクルが新品の様に蘇ります!
筐体も綺麗にペンキを塗り替え、錆びた銅バーは紙やすりとブラシでツルツルピッカピカに仕上げます。
皆様一度工場見学に来て見ませんか?iPhoneから送信

懐かしのスガキヤラーメン

image3_2.JPG image2_2.JPG image1_2.JPG

懐かしのスガキヤ。
藤井寺の、ジャスコにあったスガキヤ。
今では一流企業に勤める彼が万引きしまくったジャスコにあるスガキヤ。
ハゲたマスターのいる喫茶店の横にあったスガキヤ。
食べたら必ずお腹の痛くなるソフトクリームのあるスガキヤ。
屋上のゲームセンターで現金稼いで、食べたスガキヤ。
ペットショップにザリガニ売った金で食べた特製ラーメン。
名古屋出張なんで楽しみにスガキヤへやってきたのだが、そこにはもう…あの頃のスガキヤは無かった…。
スガキヤスーちゃんのいないスガキヤなんて、ドナルドのいないマクドナルド!クリープの無いコーヒーと一緒…。
¥280の特製ラーメンが食べたかったなぁ。iPhoneから送信

異文化交流

image3.JPG image2.JPG image1.JPG

本日早朝6時より空調設備入替工事!
トルコ イスタンブール料理店ナザール!オーナーもトルコ人!片言の日本語ですので商談から難儀しましたが本日無事に完了しました。
とても喜んでいただき、トルコ料理のランチ
御馳走になりました。
言葉の壁を突き破っての異文化交流

ラーメン×かわい子ちゃん

image1_7.JPG image5_3.JPG image4_3.JPG image3_4.JPG image2_4.JPG

おいっす〜みんな元気かぃ?
今日は中華そばムタヒロ堺東店へ行ってきたぜ!関西では福島店についで2店舗目で、今月25日にオープンしたてのピカピカの新店だぜ!
清潔感のある店内に麦わら帽子+オーバーオールの店員さん達の元気な声にラーメンへの期待も膨らむ。どうやらガハハ鶏そば と ワハハ煮干そば の二大看板メニューらしいので、今日は後者のワハハ煮干そばを注文することにした。
カウンター席に着くと 紙エプロンありますよと声かけしてくれポイントアップ!
調味料の使い方等の説明も丁寧でまたまたポイントアップ!!
そうこうしているうちに着丼!
見た目はいわゆる中華そばの進化系という感じだが?
先ずはスープ ガツン×2と超煮干に少々辛目の醤油味もう少し薄目が好みなんだが…まぁ良しとしよう。
そして麺!これが秀逸!
極太手揉み縮れ麺 名前だけ聞くと若干卑猥な響きもするんだが、不揃いな縮れ麺を素直な小麦で打っている、麺のモチモチ感を煮干スープで素直に味わう設定だろうか、そのコンセプトに脱帽です。
が、実はもう一種 麺が入っていて、その名もいったん麺 !というワンタンのような平打麺が入っているのだが、正直なところこの麺とナルトはいらんかなという感じだな。
やはり関東発のラーメン店という事もあり、スープの辛さが気になるが、麺の美味さもあり完食させていただきました。
と、ここで丼底からなんと当たりマーク出現!なんでもトッピング永久無料券をいただけるとの事!
気分を良くしたオレ達はお店のかわい子ちゃんと記念撮影 パシャリ!と次の現場へ向かうのでした…。iPhoneから送信

決戦の海へ!

image3_3.JPG image2_3.JPG image1_6.JPG

第2話 決戦の海へ

AM4:00 集合場所へ到着
彼は中学時代、少林寺木人拳の使い手にしてチャンピオン鷹のユンピョウばりのオーバーヘッドキックを決める最強の漢!
少し早く到着した私は、彼との再会に胸を躍らせワクワクしている自分に気がついた数分後、彼も到着!
「おーウッちん、久しぶりやなぁ!」
あの頃と変わらない喋り口調に安心し、こちらも「久しぶりFっぺ!」
お互い釣種は違えど修行はしてきたおっさん同士 車への道具の積込もスムーズにいざ出発!!
決戦の海へと車を走らす。
道中、何十年ぶりの再会にもかかわらず会話は弾む。
あの時どーだこーだ(笑)
誰それが好きやった(笑)
チューしたん?(笑)
やったん?なぁやったん?
ナマズ食ったん誰や?(笑)
オバハンなっても◯◯可愛いなあ

汚れた男達の再会!

image1_5.JPG

第1話 汚れた男達の再会

彼との出会いは中学生
放課後は毎日のように野山に出かけ、時にはナマズやフナを喰らい、御陵でシェパードに追いかけられ、Hotel舞を覗きに行ったり、そんなごく普通の中学生だった僕らも卒業し、それぞれの道に進み、会う事は無くなっていった…
二十歳の頃一度だけ、日本中を震撼させた、πウォーターゲート事件で再会以降、二十数年ぶりの再会だった。

きっかけはFB
お互い、趣味の釣りはしっかりと続けてきたようで、すぐに意気投合!
あの頃、卒業しうやむやになっていた男達の闘いは二十数年の時を経て、 タチウオテンヤ釣り に形を変え、決着をつけようと!

続くiPhoneから送信